So-net無料ブログ作成

「コード」と「スケール」がわかる!「っぽい」オリジナル曲作りの道 『スケール・バーション』 [ないしょ]



とくにフレーズ・メロディー作りに欠かせない「スケール」についてのセクション別バージョン
「コード」と「スケール」がわかる!「っぽい」オリジナル曲作りの道 『スケール・バーション』



商品説明 ■ギターなどを弾いていると、最後には『自分の曲を作りたい!!』と思いますよね。 たとえ、楽器が出来なくても「オリジナル曲」は作ってみたい。   □でも、『プロだから』とか『専門学校へ行って』じゃないと出来ない。  □それに、「コード」とか「スケール」とかもよく分からないし・・・・・。 「アナタのそんな風に思っていませんか?」 理論書や教則本は買ったものの、結局譜面とかが読めないとイマイチ書いてあることが分らない。実際に自分で作ってみる時に活かしきれない。。。そんな悩みから考えた出した「っぽい」流オリジナル作曲法。 【その中でも「スケール」に重点をおいたセクション別バージョンです。】 ≫詳しい内容はコチラから ■特にギターは「コード」を型で覚えるので、その 「仕組みや使い方」については、そんなに 深く考えなくても、それなりに曲は弾けます。 =でも、いざ【自分で曲を作る】となると…==  ♪。ワンパターンになってしまったり、 ♪。「コレ」といったネタが思い浮かばなかったり、 ♪。コード進行が単純、 ♪。「フレーズ」が続かない、 ♪。盛り上がりに欠ける、 ♪。面白い展開にしたいのに出来ない ♪。『イメージ』とコードやメロディーがつながらない、 ♪。「サビ」への持っていき方が微妙、 ♪。楽譜や譜面を見るだけで嫌になっちゃう、 ♪。譜面に「#や♭」が付いてると、もうダメ、 ♪。誰かと作っていると、伝えたい共通語が見つからない、 ♪。そもそも、どうしていいかわからない。etc. =などの、問題にぶつかります。==                          ■この悩みは、「プロ」も「アマ」も関係ないですね。 そんな、悩みをもつミュージシャンへの何かのお役にたてれば… 昨年発行したメルマガ「っぽい」オリジナル曲作りの道。はこの問題に悩むミュージシャンの方々へのヒントになれば、と思いはじまりました。  『コード』は、どのよう出来ていて、その「音」や「響き」の持つイメージで、  【使い分け】られていること。  メロディーやフレーズの基本は、『スケール』という音の仲間で作られていて  その【並べ方】で、雰囲気が違う。  こられの、「つなぎ方」や「変化をさせる」ことで様々な表現ができること。 ■でも、楽譜や譜面で説明されちゃうと「サッパリ?」になるので、極力使わず いろんな曲の特徴的な部分にスポットを当てて、その意味を知る。 ■その特徴的な部分が「っぽい」ところ。 「っぽい」ところを理解すると、最後には自分「っぽさ」も発見できる。 コードを実際に押さえた写真や、図解・表入りでまとめ、実践で使えそうな「コード進行」や「フレーズ」の練習を取り入れて必要な知識を、それぞれ独立した4セクションにまとめ、【A4-全294ページ】に仕上げました。【このセクション別スケールバージョンは全79ページです。】   これで、あなたもミリオンセラーの扉を開けてください。 ≫ 詳しい内容は
≫コチラをクリック!! ★また、「ギターは弾けるけど、キーボードが弾きたい・・・」 という方のためのメルマガ「コードで覚える、ギター弾きのためのキーボード教室」も創刊しました。コードをフォームで作る、というギターでは慣れた作業で、曲を弾けるようにします。右脳と左脳の逆転練習にもなりますよ。 ≫ご購読はコチラから!!



「コード」と「スケール」がわかる!「っぽい」オリジナル曲作りの道 『スケール・バーション』

とくにフレーズ・メロディー作りに欠かせない「スケール」についてのセクション別バージョン






あなた専用のQRコードを自動で作ってくれるアフィリエイトサービス


2006-10-02 11:00  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。